おおさかナウ

2019年04月20日

森友事件追及はじめ国会活動を紹介
たつみ参院議員が『直及勝負』出版

たつみ本minpou 日本共産党参院議員のたつみコータロー氏(大阪選挙区選出)の著作「国会追及 直及勝負 森友事件700日の記録」(清風堂書店、A5判239ページ、定価1112円+税)が出版されました。

 たつみ氏は2013年に36歳で初当選。参院本会議や各委員会で、200回を超える国会論戦を重ねてきました。

 第1章「森友事件700日に記録」では、国政史上、前代未聞の政治事件として社会を揺るがした「森友」問題の全貌を、党国会議員団森友疑惑追及チーム責任者として論戦してきたたつみ氏自身が、詳細に解説(森友事件関連年表付き)しています。

 精神科医・香山リカ氏との特別対談の他、地元の大阪事務所秘書による活動ルポ「走れコータロー」などを収録。いまや社会問題となったコンビニエンスストアの24時間営業問題をはじめ、コンビニ問題の元凶ともいわれる特殊な会計システムに斬り込んだ国会追及、「格差と貧困」「カジノ」「ブラック企業」「原発ゼロ」などの質問内容を紹介しています。

 書店や日本共産党事務所などで購入できます。問い合わせは日本共産党国会議員団大阪事務所。大阪市天王寺区空堀町2―3 電話06・6762・8771。

(大阪民主新報、2019年4月21日号より)

月別アーカイブ