おおさかナウ

2018年12月23日

写真で振り返る2018年

 改憲ノー、安倍暴走政権退陣などを求める市民と野党の共闘がさらに広がった2018年。災害が相次ぐ中、被災地救援・防災施策を求める活動、森友問題の徹底追及、沖縄との連帯、カジノ万博許さない運動など多彩に繰り広げられました。今年のたたかいを写真で振り返ります。

9条改憲ノー

憲法守る 扇町公園 総がかり集会minpou 安倍9条改憲NO!全国統一署名は、大阪府内で100万人分を超え、全国で1400万人分を国会提出。国民の声と野党の共闘は、通常国会に続き臨時国会で安倍政権を突き動かし、衆院憲法審査会での自民党の改憲案提示を阻止しました=5月3日、大阪市北区内

米軍新基地

沖縄連帯 海上抗議行動minpou 米軍新基地建設の是非が争点になった沖縄県知事選で9月30日、翁長雄志さんの遺志を継ぐ玉城デニー氏が過去最多39万票で当選。安倍政権は12月14日に埋め立て土砂投入を強行し、たたかいは新たな段階へ。沖縄連帯行動で、辺野古海上から抗議する大阪代表ら=6月2日、沖縄県名護市内

市民と野党の共闘

振り返り山本いっとく事務所開きminpou 豊中市区府議補選(4月)では日本共産党の山本いっとく候補の必勝へ、市民と野党の共闘が発展し、大阪市鶴見区市議補選(7月)では市議選史上初めて、北原洋子候補の勝利へ野党共闘が実現。山本候補の事務所開きで声援に応える野党各党の代表ら=3月31日、豊中市内

大阪北部地震

高槻ブロック塀minpou 6月18日午前7時58分、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生。高槻市で倒壊したブロック塀の下敷きになり、登校中の女児が死亡するなど各地に被害が広がりました。日本共産党は被災者支援、災害復旧へ奮闘しました=6月18日、高槻市内

台風21号被害

夢洲の台風21号被害minpou 9月4日に非常に強い台風21号が大阪を襲い、府内で死者8人、全壊29件、半壊438件、一部損壊6万5062件(12月17日現在・府まとめ)を出しました。万博会場予定地でカジノ誘致が狙われている夢洲では、コンテナが飛散しました=9月5日、大阪市此花区内

北東アジアの平和  

東アジアに平和をキャンドルデモminpou 朝鮮戦争の休戦協定締結から65周年にあたる7月27日、市民がキャンドルを灯して「PEACE」の人文字を完成させ、「東アジアに平和を!」とパレード。南北首脳による「板門店宣言」や米朝首脳会談など和平を目指す動きが加速しました=7月27日、大阪市内

カジノより○○を

カジノより○○宣伝minpou 7月の国会で自公与党、維新がカジノ実施法を強行。2025年万博開催地が大阪に決定し、松井一郎知事と吉村洋文がカジノ誘致に執念を燃やす中、「カジノより暮らし、福祉、教育、防災を」の声が広がっています。京橋駅前で宣伝する新婦人の人たち=8月24日、大阪市都島区内

(大阪民主新報、2018年12月23日号より)

月別アーカイブ