おおさかナウ

2018年11月18日

来春の大阪市議選勝利へ
共産新人候補が街頭演説

新人候補街頭演説minpou 日本共産党府委員会は8日夕、JR天王寺駅前で、来春の統一地方選の大阪市議選をたたかう新人候補の共同街頭演説「まちかどトーク」を行いました。石谷ひさ子(阿倍野区)、つじい大介(住之江区)、円山なおこ(浪速区)、西田さえ子(生野区)、鳥居さとし(都島区)、山本のりこ(東住吉区)、近田やすゆき(北区)、かわさき洋子(西区)の各候補が訴え。カジノ誘致や消費税10%増税、9条改憲への賛否を問うシールアンケートに取り組みました。

 各候補は自らのおいたちや日本共産党に入党した理由、立候補を決意した動機などを交えながら、「ギャンブル依存症を増やすカジノは大阪にいりません」「大阪市をつぶす『大阪都』構想に反対する共同を広げましょう」などと訴えました。

(大阪民主新報、2018年11月18日号より)

月別アーカイブ