おおさかナウ

2018年09月02日

府内の公立小中学校
半数に危険ブロック塀
日本共産党府議団の調査で判明

 地震で倒壊する恐れがあるなど危険なブロック塀が、府内の公立小中学校の半数近くにあることが明らかになりました。8月10日に文科省が公表した学校ブロック塀安全点検結果に基づき、日本共産党大阪府議団(宮原たけし団長)が独自に調査したものです。

通学路の安全確保 急務

今年度の対策は全体の約7割に

 豊中市は59校中56校、茨木市は46校中40校、松原市は22校中19校、吹田市は54校中46校など、府内29市町では、半数以上の学校で危険ブロック塀が残っています。

 危険ブロック塀の総延長は、「調査中」としている大阪市を除いても、府内合計で約83㌔㍍、うち豊中市と堺市は約14㌔㍍にも及びます(表)。

 調査は7月末時点の集計。安全性に問題がないものも含め、全小中学校のブロック塀を撤去する箕面市など、安全対策を進めている市町村もあります。

 しかし、総延長83㌔㍍のうち、今年度の対策予定は61㌔㍍(73%)です。八尾市など対策を「来年度以降」としている市町村もあり、「財政がネック」ともいわれています。

国が解消へ補助府も取り組みを

 6月の大阪北部地震では、高槻市の小学生が崩落した学校ブロック塀の犠牲になりました。府内で半数近くもの公立小中学校で、危険ブロック塀がある現状は、重大です。

 文科省は8月20日、日本共産党の宮原府議に対し、危険ブロック塀解消への補助を来年度予算案の概算要求に盛り込むと回答しました。すでに撤去・改修を進めている市町村にも、大阪北部地震以降からさかのぼって補助対象にすることにも同意しています。

 大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は、府立学校のブロック塀改修は行っていますが、公立小中学校については何もしていません。大阪府としてただちに緊急補助を行うなど、国・府・市町村が協力し、今すぐ府内すべての学校と通学路の安全を確保するべきです。(O)

公立小中学校のブロック塀などの状況

公立小中学校のブロック塀などの状況

 

(大阪民主新報、2018年9月2日号より)

月別アーカイブ