おおさかナウ

2018年07月22日

9月の交野市長選
さかの候補が事務所開き

交野市長選さかの事務所開きminpou 9月2日告示、9日投票の交野市長選に、「市民本位の民主的な交野市政をつくる会」から立候補する、さかの光雄氏(無所属、日本共産党推薦)の事務所開きが16日、交野市内で行われ、約140人が参加しました。

 さかの氏は、現市政がこの4年間で国民健康保険料を毎年値上げ、払えない人への差し押さえが4倍加したこと、市の外出支援バス「ゆうゆうバス」が3台から2台に減らされた問題などとともに、市役所移転や公立幼児園民営化、学校・公共施設の統廃合などを市民の声をまったく聞かずに進めていることを批判。市民とともに、暮らし・子育て応援の交野にしていきたいとし、国保料引き下げ、公共交通充実、中学校35人学級実現など公約を訴えました。

 民主市政をつくる会代表委員の松村忠臣さんがあいさつし、交野革新懇、「市民と野党の共闘をすすめる会・交野」、大阪道路公害反対運動連絡会のメンバーや日本共産党交野市議団などが、さかの氏の市議4期16年の活動、第二京阪建設での環境対策を求める先頭に立ってきたことなどを紹介。「市民の声を生かす最適の人」「交野が安全で住み良い町に発展するようにぜひ市長に」と期待と必勝への思いを述べました。

 市長選には現職の黒田実氏(48)も出馬表明しています。

(大阪民主新報、2018年7月22日号より)

月別アーカイブ