おおさかナウ

2017年10月06日

野党と市民の共闘貫く党
日本共産党の躍進必ず
大阪小選挙区 必勝区3氏の訴え

 安倍晋三首相が9月28日召集の臨時国会の冒頭で衆院解散を強行し、事実上の衆院選(10日告示、22日投開票)に突入しました。日本共産党府委員会は同日夕、小池晃書記局長を迎えて大阪市北区のJR大阪駅前で街頭演説を開催。小池氏とともに、同党が小選挙区で必勝区と位置付けている大阪3区のわたなべ結(近畿比例重複)、大阪4区の清水ただし(同)、大阪5区の北山良三の各候補も訴えました。その大要を紹介します。北山良三minpou

9条改憲許さない
5区 北山良三候補

 今度の総選挙は、まさに100年に一度あるかないかの大変大事な選挙です。戦後72年、日本の平和は憲法9条によって保たれてきました。この間、国民の圧倒的多数は二度と戦争だけはいやだという思いで過ごしてきたのではないでしょうか。その思いが詰まったのが9条です。

 その9条を安倍総理は変えると言っているのです。自衛隊を軍隊として9条に書き込むと言って、こんどの選挙をやろうというのです。もしこの安倍自公政権、さらに補完勢力が合わせて3分の2以上の議席を取れば、9条を変える道に進んでしまう可能性が出てくるのです。

 私は絶対に許せません。9条を守る1票は、どうか日本共産党に託してください。共産党を大きくして、大阪5区からは北山良三を国会に送り出していただき、ご一緒に9条を守ってまいりましょう。北朝鮮の問題も安倍政権の軍事一辺倒ではなく、対話の道をどんどん切り開く政治をつくるためにも、日本共産党を大きくしてください。

 経済の問題では、私はカジノは絶対許せません。カジノで景気対策とはとんでもない。カジノは賭博場です。私は大阪市議会で橋下徹前大阪市長と、カジノの問題で丁々発止の議論をしました。なぜカジノ、賭博場が刑法で禁じられているのかと迫ると橋下市長は、射幸心をあおり、国民の勤労意欲を失わせ、まともな経済活動を阻害し、犯罪の温床になるからだと認めざるを得ませんでした。

 しかし橋下氏は、「猥雑なものは全部大阪で引き受ける」と推進してきました。私はカジノは止めていく。カジノを止める国会をつくりたい。どうか日本共産党を大きく伸ばしてください。大きなお力添えをお願いします。

(大阪民主新報、2017年10月8日付より)

 

月別アーカイブ