おおさかナウ

2017年03月26日

森友学園問題
建設費巡り3つの契約書

 「森友学園」の小学校建築費をめぐって、同じ「2015年12月3日」付けの契約書が3通あることが明らかになっています。設置認可のため府に提出した契約書は7億5600万円。ところが木材を一定量使うことを要件にした補助金申請のため、国土交通省に出した契約書は23億8464万円、航空機騒音対策補助金申請のため、「関西エアポート」に提出した契約書は15億5520万円。いずれも学園と施工業者の藤原工業、設計会社の3者の印鑑が押されています。

 府の調査などに対し藤原工業は、学園側に頼まれて3つの契約書を作成したことを認め、約15億円が正しいと証言。学園側は国には過大に申告し補助金をだまし取り、府には収支報告見通しを良く見せようとした疑いがあり、府は私文書偽造容疑などで学園側の刑事告発を検討しています。

 

(大阪民主新報、2017年3月26日付より)

 

月別アーカイブ