おおさかナウ

2017年03月05日

「森友学園」疑惑ー安倍政権を追い詰め維新政治とたたかうー徹底追及へ全力 共産党大阪府委員会

 日本共産党大阪府委員会は4日、府委員会総会を開きました。柳利昭委員長は「『森友学園』疑惑で安倍政権を追い詰め、維新政治とのたたかいをすすめよう」と訴えました。

 柳委員長は、大阪市内の学校法人「森友学園」に対する豊中市の国有地払い下げをめぐる疑惑について、「安倍政権を追い詰めるたたかいの焦点の一つで、大阪の維新政治ともかかわる重要問題として、国会議員団、府議団、大阪市議団、豊中市議団と連携して徹底追及をすすめる」と強調。この問題で、▽国有地がなぜ森友学園にタダ同然に売り渡されたのか▽この異常で奇怪な取引への政治家の関与の問題と安倍首相夫婦の道義的責任▽森友学園が経営する大阪市淀川区の塚本幼稚園の異常な教育実態と、大阪府の認可の問題―の三つの疑惑が浮上していると指摘しました。
 柳委員長は「半年前から党豊中市議団が不審な土地売買を洗い出し、府議団や大阪市議団の調査・相談活動が、党国会議員団の論戦と一つになって力を発揮した」とのべ、「党の果たしている役割を府民の中に大いに語りながら、真相の解明に力を尽くそう」とよびかけました。

2017年03月05日 しんぶん赤旗

月別アーカイブ