おおさかナウ

2017年02月26日

宮本岳志の国会レポート
「森友学園」疑惑で追及の先頭に

宮本岳志衆院議員

宮本岳志衆院議員

 近畿財務局から大阪府豊中市の国有地を買った学校法人「森友学園」が、近隣国有地の約1割の価格で買い入れていたことが大問題となり、その追及の先頭に立ってきました。国有地の売却はその価格を公表するのが原則ですが、財務省は公表さえ拒んできました。

 公表させてみると、驚くべきことにその価格わずか1億3400万円。地中にゴミなどが埋まっているため、その撤去費用として8億1900万円を引いてやったというのです。9億5600万円の土地を8億円以上も値引きしてやったというのですから、到底国民が納得しないのは当たり前です。

 国は「森友学園」に、土壌汚染対策の費用など1億3200万円をすでに支払っています。1億3200万円を支払い、1億3400万円で売ったというのですから、タダでくれてやったも同然。しかもその1億3400万円さえ、即金ではなく「10年ローン」で、毎年約1100万円ずつ10年分割で払うといいます。

 なぜ、これほどまでに優遇されるのか。その秘密はこの「森友学園」の特異な教育方針にあります。この学校法人はすでに大阪市内に「塚本幼稚園」を開設していますが、そこで行われていることは園児たちに「教育勅語」を暗唱させ、軍歌を歌わせるという驚くべきもの。

 園長は明治憲法の復活をめざす日本会議のメンバーで、小学校の名誉校長は安倍晋三首相夫人。子どもたちを特異な靖国派イデオロギーに染め上げることなど断じて許せません。徹底追及する決意です。(みやもと・たけし 日本共産党衆院議員 毎月第4週に掲載)

(大阪民主新報、2017年2月26日付より)

 

月別アーカイブ