おおさかナウ

2017年01月01日

「大義の旗」掲げ本気で
宮本たけし衆院議員

宮本 党大会の年、2017年を迎えました。昨年は、安倍政権の暴走政治に対抗する新しい市民運動が発展し、参議院選挙では野党共闘が大きく発展しました。しかしその後も安倍政権は、TPP、年金改悪、カジノ解禁等々、暴走を続けています。「維新」は国会で、自公に悪政をけしかけ、野党共闘の妨害に明け暮れています。

 大阪こそ、自民・公明・維新の暴走と対決し、安倍内閣を打倒するたたかいの先頭に立たなければなりません。国民の願いにこたえる「大義の旗」を掲げ、野党と市民が「本気の共闘」に取り組めば、政治は必ず変わります。「悪政3兄弟」に、野党と市民の共闘が対決する新しい時代の始まりにあたって、私も全力を尽くします。

(大阪民主新報、2017年1月1日・8日付より)

 

月別アーカイブ