おおさかナウ

2020年05月24日

#検察庁法改正案に抗議します
コロナ禍のどさくさ
悪法は絶対許さない
府内各地で街頭宣伝

 「コロナのどさくさに悪法許さない」と、安倍内閣が今国会での成立を狙った検察庁法改定案に抗議するスタンディング宣伝が、府内各地で行われました。

不要不急の法案自粛して下さい

羽曳野

横断幕を掲げてスタンディング宣伝する参加者=13日、羽曳野市内

横断幕を掲げてスタンディング宣伝する参加者=13日、羽曳野市内

 羽曳野総がかり行動実行委員会は13日、検察庁法改定案に抗議するスタンディング宣伝を近鉄古市駅で行い、14人が参加しました。
 宣伝では、「#検察庁法改正案に抗議します」と「コロナに乗じた憲法改悪は許せない 今こそ憲法を生かした政治を」の横断幕や、「ツイッターに600万人 声を上げれば政治は変わる」「コロナで苦しい時、不要不急の法案は自粛を」「国民は手を洗う、安倍首相は足を洗え」など、多彩なプラスターが掲げられました。
 信号待ちをしていた男性からは、「安倍首相のやることはだんだんひどくなっていく。早く辞めさせないといかん。頑張って」と声が掛かりました。
 買い物帰りの女性は、「コロナ対策は後手後手に回って、マスクすらまともに配れていないのに、自分のことならどさくさに紛れてひどいことする」など、怒りの声を寄せました。
 宣伝には、7月に行われる羽曳野市長選予定候補の嶋田たかしさんも参加しました。

自・公・維に抗議文を送付

 前日の12日には、同実行委員会の加盟団体が、「#検察庁法改正案に抗議します。検察官の定年延長は検察を私物化し独裁政治を実現するもの。憲法の基本原則をも破壊する法案は、直ちに撤回することを要求する」とした抗議文を、自民党、公明党、日本維新の会にファクスで送りました。

なんで今やる?コロナに集中を

寝屋川

「何で今やる?コロナ対策に集中せよ」と書かれた横断幕を掲げながら宣伝する参加者=13日、寝屋川市内

「何で今やる?コロナ対策に集中せよ」と書かれた横断幕を掲げながら宣伝する参加者=13日、寝屋川市内

 寝屋川革新懇は13日、京阪寝屋川市駅前でスタンディング宣伝し40人が参加。「何で今やる?コロナ対策に集中せよ」と検察庁法改正に抗議する横断幕や、「コロナ拡大防止へ 自粛要請と補償はセット」「こんなときにカジノ?」などのプラスターをウイルス対策は横断幕・プラスターを掲げてアピールしました。
 横断幕を見た男性が、「署名はないのですか。頑張って」と声を掛けました。
 参加者は、「あまりにもひどい安倍内閣に対して、行動を起こさなければ」「コロナ対策でも後手後手で、もう日本の政治を任せられない。一日も早く辞めてほしい」など語り、国民の声を上げ、検察庁法改正案の強行採決をストップさせようと意思統一しました。

(大阪民主新報、2020年5月24日号より)

月別アーカイブ