ズバリわかる大阪都

「大阪都」構想のホント まるわかりパンフ(2015.04.29)

02

ひろがる「都」構想ノーの声

愛する大阪市つぶしたくない!

 橋下市長による「都」構想を許さず、くらしと福祉、医療、中小企業をささえ、豊かな大阪をつくる世論と運動、共同が大きく広がっています。

医師会、振興会、商店会…

 橋下市長による「住吉市民病院の廃止」に地元の住之江区医師会は「地域の繁栄をも奪う不毛の構想」と批判。「都」構想に反対を決議しています。

 自治会組織「市地域振興会」や商店会でつくる「市商店会総連盟」は、「住民サービスが低下する」「愛する大阪市つぶしたくない」として反対運動をすすめています。

 「府民のちから2015」「民意の声」「大阪市がなくなるで! えらいこっちゃの会」など市民の協力・共同の輪が広がり、市議会の自民、公明、民主、共産の4党は「都」構想に反対する意見を共同でだしています。

大阪市の大きな財源を生かし
ぬくもりとにぎわいある大阪へ

(1)「くらし第一」の府と市を

カジノやリニアはアカン!

 大企業優先の大型開発ではなく、福祉や医療の充実など「くらし第一」、大阪経済の主役である中小企業を支える市政に変えましょう。

(2)安心・安全な大阪を

「何でも民営化」NO!

 「何でも民営化」ではなく、自治体としての役割を発揮して、医療・介護・福祉の充実、災害に強いまちづくりへ、安心・安全な大阪をつくりましょう。

(3)市民の声が届く大阪市を

市長の独裁と暴走ストップ!

 大阪市議会をなくし、くらしもこわし、住民の声が届かない独裁・強権はもうゴメンです。今こそ「住民が主人公」の大阪市に転換させましょう。