ズバリわかる大阪都

vol.1(2014.1.27)

Q8

各政党の態度は?

Answer

「維新の会」以外の
各党から異論、批判が

日本共産党は大阪市議団が「くらし壊す『大阪都』NO!市民を守る大阪市への転換を!」ときっぱり反対し、ビラで見解を市民に知らせています。

他の党も、「大阪都」構想を議論している「法定協議会」などで、批判、異論をつきつけています。

「大阪都の制度設計は絵に描いた餅」「もはや都構想の議論は不要」(自民党)

「大阪市の解体・廃止はするべきではない」「協定書の作成は見送るべきです」(民主党)

総選挙での取引もあり、「大阪都」に賛成してきた公明党からも、1月の協議会では異論がでました。

「維新の会」以外のすべての政党から異論・批判がだされてきたのは、府民世論を反映しています。

橋下市長らは、ごまかしやすりかえはやめ、こうした声に真しに耳を傾ける姿勢に改めるべきです。