おおさかナウ

2018年04月29日

安倍9条改憲NO
3千万署名成功を

3千万署名飛躍へ
安倍改憲を絶対阻止
目標達成へ各地で取り組み急

 安倍9条改憲NO!全国統一署名(3千万署名)は、大阪で95万筆を超えました(4月23日現在、大阪憲法会議・共同センターの集約)。6月の国会提出に向けて、運動の飛躍を目指す取り組みが、各地でさまざまな形で行われています。

新婦人高石支部が目標突破
〝わが街で声広げて〟

高校前で「3千万署名」を集める新婦人高石支部の人たち=4月19日

高校前で「3千万署名」を集める新婦人高石支部の人たち=4月19日

 大阪の新婦人で「3千万署名」の目標を達成・突破する支部や班が生まれています。

 高石支部(阪口眞由美支部長)のその一つ。4月22日に671筆を達成し、目標(656筆)を突破しました。

 同支部は、署名用紙と手紙をセットにした資料を、全会員や「新婦人しんぶん」読者に届けて協力を訴え。市内の駅頭やスーパー前、高校門前など街頭署名行動を繰り返してきました。

 体調の関係で街頭に立てない会員も、友人、リハビリやデイサービスのスタッフ、同じマンションの住民などに声を掛け、1人で80筆を集めました。

 街頭では、2人の息子が自衛隊員という元自衛隊員の男性が、「自衛隊員を守るためにやってくれて、ありがとう。ご苦労さま」と声を掛けてきたといいます。

 目標まであと70筆となった4月19日には、高校門前や駐輪場近くで、下校する高校生に署名を呼び掛け。「子どもの権利・教育・文化全国センター」が作成した、憲法や自衛隊についての高校生向けのリーフレットを手渡しながら対話しました。

 男子高校生は「戦争だけは絶対駄目。9条を変えてほしくない」と署名し、「頑張ってください」と激励。約30分間で26筆集まりました。終了後、「目標まであと44筆。必ずやり切ろう」と相談し、22日の目標突破となりました。

 高石支部は「ヒバクシャ署名」も1013筆を集め、目標を達成しています。

 阪口支部長は、「改憲賛成という人にも、『どうしてそう思うのですか?』と問い掛けて対話してきました。目標達成を力に、9条改憲を許さない声をわが街でさらに広げていきたい」と話しています。

(大阪民主新報、2018年4月29日・5月6日合併号より)

月別アーカイブ