おおさかナウ

2017年01月15日

柏原市長選に江村氏
「住みよい会」

江村じゅん氏

江村じゅん氏

 任期満了に伴い2月5日告示、12日投票で行われる柏原市長選に、日本共産党も参加する「住みよい柏原民主市政をつくる会」(住みよい会)は、同会幹事で党八尾柏原地区常任委員の江村じゅん氏(45)=無所属・新=を擁立することを発表しました。

 住みよい会では、今回の市長選は、市民不在のトップダウンで、連続して市民負担を押し付けてきた維新流市政を変えるかどうかが問われると指摘。江村候補を先頭に、市民の願いが届く、住み続けたい町、働き続けたい町に市政を変えるために全力を挙げるとしています。 

 江村候補は、①市民への情報公開の徹底、②住民ための自治体にして、福祉や教育、子育て支援を充実、③財政の無駄を削り、不要不急の公共事業を見直し、市民の暮らし応援の市政に変えることを訴えています。

 前回市長選で大阪維新の会の公認を受け初当選した現職は、2015年、女性問題が発覚し、離党。今回は事実上の不出馬を表明しています。

 市長選には、江村氏のほか、大阪維新の会推薦の冨宅正浩市議(41)と、濱浦佳子市議(75)が出馬を表明しています。

(大阪民主新報、2017年1月15日付より)

 

月別アーカイブ