おおさかナウ

2016年08月28日

「野党締め出し」打ち破る
1議席増の共産党 当選の3氏が決意

 

市民が主役の箕面市政へさらに力を合わせようと決意する(左から)神田氏、名手氏、住谷氏、村川氏=21日、箕面市内

市民が主役の箕面市政へさらに力を合わせようと決意する(左から)神田氏、名手氏、住谷氏、村川氏=21日、箕面市内

 箕面市議選で「オール与党」の「野党締め出し」を打ち破って前回2議席から3議席へ前進した日本共産党。当選した日本共産党の神田隆生、名手宏樹、村川真実の3氏は21日午後11時すぎ、箕面市内でそろって支援者らにあいさつし、今後の活動への決意や抱負を語りました。

 8期目に入る神田氏は、議席増の力を生かして社会保障の後退を許さず、前進させるたたかいや、地域の公共交通の充実などに取り組み、「高齢化が進む中で、ハードでもソフトでも暮らしを支える街づくりを進めたい」と話しました。
 真黒に日焼けした名手氏は6期目。選挙戦で北大阪急行延伸関連事業のコンパクト化などで財源をつくれば市民要求が実現できると訴えたことを振り返り、「公約の実現へ、市民運動を大きく広げて取り組みたい」と抱負を語りました。
 昨年、安保法制に反対するママの会の活動を通じて日本共産党と出会い、入党した村川氏は、「困っている人や子育て中で大変な人、一人一人の声を訴えた。市民の方を向いていない今の市政を変えたいという思いを貫いて頑張りたい」と決意を語りました。

 箕面市長選で市政転換を訴えた「みどりとくらしをまもるみんなの革新箕面をつくる会(みんなの会)」代表委員の住谷昇氏は、大勢が判明した21日夜、箕面市内の事務所で支援者らにあいさつ。現職の倉田哲郎候補が選挙戦の中で、2期8年の実績や北大阪急行延伸事業や関連開発にも触れず、まともな政策論争を避けたことは「現職の敗北だ」ときっぱり。自ら市政転換を訴えて抜いたことは「私が市民の代表だと、後ろめたさなく言える選挙をたたかえた」とさわやかに語りました。
 「みんなの会」は22日発表した声明で、住谷氏が掲げた公約の実現へ市民運動を進めると表明。市長選で築いた市民共同への新しい一歩を引き継ぎ、市民が主人公の市政をつくるために引き続き奮闘するとしています。

箕面市議選開票結果

3,090 武智 秀生 60
2,923 尾崎 夏樹 42
2,351 中西 智子 60
2,144 内海 辰郷 69
2,135 村川 真実 43
2,104 神代 繁近 58
1,929 楠  政則 44
1,898 上田 春雄 72
1,894 中嶋三四郎 34
1,845 今木 晋一 51
1,833 牧野 芳治 76
1,830 田中真由美 46
1,805 尾上 克雅 62
1,790 岡沢  聡 51
1,758 藤田 貴支 43
1,737 林  恒男 65
1,733 堀江  優 31
1,724 川上加津子 60
1,672 中井 博幸 65
1,551 増田 京子 63
1,442 神田 隆生 61
1,353 名手 宏樹 55
1,342 二石 博昭 60
  1,235 山中 貴史 35
  1,075 印藤 文雄 66
  1,040 稲野 一三 66
  836 藤原徳祐貴 30
  780 西浦 大介 39
  459 魚森 昌彦 68

箕面市議選党派別開票結果

   得票数 得票率  当選者数(候補者数) 
今回 前回 今回 前回 今回 前回
日本共産党 4,930 4,102 10.00% 9.64% 3(3) 2(4)
大阪維新の会 14,575 7,743 29.56% 18.20% 6(7) 4(4)
自民党 6,282 2,745 12.74% 6.45% 3(4) 2(2)
公明党 5,549 5,631 11.25% 13.24% 3(3) 3(3)
民進党 836 2,639 1.70% 6.21% 0(1) 2(2)
その他・無所属 17,136 19,676 34.75% 46.26% 8(11) 10(18)
合計 49,308 42,495   23(29) 23(33)

(大阪民主新報、2016年8月28日付より)

 

月別アーカイブ