おおさかナウ

2015年04月05日

大阪市つぶさせない
「民意の声」「えらいこっちゃの会」が集会・パレード
党派超えて運動合流

 大阪市を廃止し特別区を設置することの是非を問う住民投票(4月27日告示、5月17日投票)に向け、「このままでは大阪市民の意向とは違うところで大阪市が廃止されかねない」と、「民意の声」と「大阪市がなくなるで!えらいこっちゃの会」が3月28日午後、集会とパレードに取り組みました。

このままでは「白紙委任」に

「大阪市なくさんといて」「暮らし壊す『都』構想反対」とアピールするパレード参加者=3月28日、大阪市中央区内

「大阪市なくさんといて」「暮らし壊す『都』構想反対」とアピールするパレード参加者=3月28日、大阪市中央区内


御堂筋を進む日本共産党の隊列=3月28日、大阪市中央区内

御堂筋を進む日本共産党の隊列=3月28日、大阪市中央区内

 両会のほか「大阪市をなくさんといてよ!市民ネットワーク」「府民のちから2015」、年金者組合、新婦人、九条の会、大阪自治労連などの団体、労働組合や個人1000人(主催者発表)が参加。大阪市役所南側の女神像前で開かれた集会で、「民意の声」の浅野秀弥代表は「皆さんと一緒に大阪の方々に訴え掛け、われわれの思いを凛(りん)として伝えよう」とあいさつしました。

 「えらいこっちゃの会」の池田裕子事務局長は、「いっせい地方選が目前。どうしても負けるわけにはいかない。維新を追い込まなければならない。選挙と住民投票の2つのたたかいを勝ち抜き、橋下氏が登場して以来、大阪にたち込めた暗雲を、みんなで一つ残らず吹き飛ばそう」と呼び掛けました。

 採択された集会決議は、「特別区設置協定書」には財政や住民サービスの今後について書かれておらず、「すべて橋下・維新の会の白紙委任状態になる」と強調。「大阪市を地図上からも行政上からもなくし、5つに分割すれば大阪の衰退を招くことは明らか。私たちは大阪市をなくして特別区を設置することに断固反対します」と宣言しています。 

 参加者は淀屋橋から難波まで御堂筋をパレード。「大阪市なくさんといて」などの思い思いのプラカードや、ドラム演奏に乗せた「大阪つぶす『都』構想反対」などのコールで市民にアピールしました。

集約された力さらに広げて

 先導の宣伝カーでアナウンサーを務め、「ふるさと」も歌った橋場由見子さん(55)=大阪市阿倍野区=は、「議会を否定して『協定書』を復活させ、この大阪市をなくすかどうかを、わずか2カ月足らずで住民投票で決める。このやり方そのものに『ノー』です」。

 「自民党ののぼりがあるのを見て感動した」と言う大阪平和委員会青年学生部の山本訓子さん(29)は、「『大阪市をつぶすな』の一点でいろんな人たちが集まりました。この集約された力を、住民投票に向けてさらに大きく広げ、必ず勝ちたい」と話していました。

5月10日に市民大集会

 「民意の声」「えらいこっちゃの会」は5月10日(日)午後1時半から、大阪市北区扇町公園で市民大集会を開く計画です。

「大阪市なくさんといて」「暮らし壊す『都』構想反対」とアピールするパレード参加者=3月28日、大阪市中央区内

御堂筋を進む日本共産党の隊列=3月28日、大阪市中央区内

「都」構想の真実伝えよう
市議会3会派があいさつ

 集会には日本共産党、自民党、民主党が参加。日本共産党大阪市議団からは北山良三団長はじめ議員団8人全員が駆け付けました。

共産党8市議全員が参加

山中智子氏

山中智子氏

 大阪市議会の3会派の幹事長があいさつ。自民党の柳本顕氏は、橋下・維新の会はビラなどで政府・自民党は「大阪都」構想に賛同しているかのように宣伝しているが、そうではないと説明。「政党・政派の違いを乗り越えて、『大阪市を廃止分割させてはならない』『大阪都構想ノー』の声を上げていただきたい。ここ女神像前で、勝利の女神の温かい微笑みをいただけるよう、お力添えを」と述べました。

 OSAKAみらい(民主系)の福田賢治氏は「たたかいはいよいよ正念場。そのさきがけとなるのがきょうの会合」と発言。「長い長い歴史がある大阪市を、2年や3年の法定協議会での維新の会の一方的な議論だけでつぶすわけにはいかない。橋下市長はデメリットはないと言い放ったが、そんな市長でいいのでしょうか」と問い掛けました。

 「右から左まで、『人情あふれる大事な大阪市を、橋下市長の意地と思いつきで壊されてたまるか』と集まった皆さんに勇気をいただいています」と切り出した日本共産党の山中智子氏。「橋下・維新の会のウソとペテンに負けない力は、心の底から『大阪市なくしたらあかん』と思う人たちみんなが語り手になり、『大阪都』構想の真実を伝える努力。日本共産党も先頭に立って全力を尽くします」と決意を語りました。

 自民党の大西宏幸衆院議員は「山中議員もおっしゃったように、左から右まで集まったデモ行進は大阪始まって以来。私たちはふるさと・大阪を必ず守っていかなければならないと、仲のいい共産党の清水(忠史衆院)議員も言っています。われわれの力で勝ちましょう」と語りました。

(大阪民主新報、2015年4月5日付より)

月別アーカイブ